福祉型リフォーム-バリアフリー 楽らく住環境

TEL
-
- -
HOME
-
各種リフォーム
-
塗装について
-
各種リフォーム
-
塗装について
-
施行までの流れ
-
各種助成制度
-
会社概要
-
プライバシーポリシー
-
お問い合わせ
-
-
- -
TEL
FAX 028-666-0850
MAIL こちらから
定休日 年中無休
-
対応可能エリア
宇都宮市、鹿沼市、壬生町、上三川町、下野市、真岡市、芳賀町、市貝町、高根沢町
_
-

  塗り替え時期の目安
- - -
    宇都宮市役所の持家に対する補助制度は現在7種設定されています。
誰でも利用できるものや、利用条件が限定されているものなどが色々ありますので
問い合わせや申請などお客様に代わってご利用のお手伝いを致します。

  塗り替え時期の目安
- - -
    (1)高齢者にやさしい住環境整備事業費補助金(高齢福祉課 電話632-2360)
・在宅の要介護高齢者の住環境の整備を促進するため、住宅改良に要する経費の一部を補助する
・要介護高齢者(要支援以上)または要介護高齢者と生計を一にする者
・整備費の4分の3(上限90万)

(2)重度身体障がい者住宅改造補助金(障がい福祉課 電話632-2363)
・重度障がい者の日常生活を容易にし、生活環境の整備を図るため、住宅設備を改造する経費の一部を補助する。
・住宅改造を行う重度障がい者(障がい者手帳1・2級該当者)
・改造費の4分の3(上限90万円)

(3)住宅用太陽光発電システム設置費補助金(環境政策課 電話:632-2408)
・住宅用太陽光発電システムの普及を促進し、温室効果ガスの排出抑制を図るため、設置費の一部を補助する。
・自ら居住する市内の住宅に太陽光発電システムを設置する者
・出力1kwあたり3万円(上限4kw、12万円)

(4)住宅用高効率給湯器設置費補助金(環境政策課 電話:632-2408)
・住宅用高効率給湯器の普及を促進し、温室効果ガスの排出抑制を図るため、設置費の一部を補助する。
・自ら居住する市内の住宅に高効率給湯器を設置する者
・定額補助 高効率給湯器1台 1万円

(5)宇都宮市木造住宅耐震診断補助金及び宇都宮市木造住宅耐震改修補助金
   (建築指導課 電話:632-2573)
・地震による住宅の倒壊等の被害から市民の生命、生活の安全・安心を確保するため、住宅耐震化の促進策として、診断及び改修費用の一部を補助する。
(診断)
・昭和56年5月31日以前に、在来軸組構法により建築された木造2階建て以下の一戸建て住宅(賃貸を目的としない住宅に限る。)の所有者
・診断費用の3分の2(限度額10万円→限度額の内訳 耐震診断:2万円、補強計画策定:8万円)
(改修)
・昭和56年5月31日以前に、在来軸組構法により建築された木造2階建て以下の一戸建て住宅 (賃貸を目的としない住宅に限る。)のうち、耐震改修が必要と診断されたものの所有者等
・改修費用の2分の1(限度額60万円)

(6)宇都宮市民間建築物アスベスト除去等補助金(建築指導課 電話:632-2573)
・アスベストによる市民の健康被害を防止するため、吹付けアスベスト等の含有調査及び除去等費用の一部を補助する。
(含有調査)
・多数の人が利用する建築物及び戸建て住宅の所有者等
・調査費用の全額を助成(限度額25万円)
(除去等)
・多数の人が利用する建築物及び戸建て住宅(周辺に被害を及ぼす恐れのある住宅)のうち、含有調査によりアスベストの含有が確認されたものの所有者等
・除去等費用の3分の2を助成(限度額200万円)

(7)宇都宮市住宅改修補助制度(住宅課 電話:632-2735)
・住宅の性能や機能を向上させることで、住み慣れた住宅を、安全・安心に長く大切に使っていただくため、住宅改修を行う際の工事費の一部を補助する。
・自ら居住する市内の住宅に指定の必須工事(バリアフリー、窓断熱改修等)を含む工事を行う方
・工事費の10%(上限10万円)
-
- -  
各種リフォーム塗装について二重窓・床暖房バリアフリー施工までの流れ各種助成制度お問い合わせ
- - -